プロネイリスト実務能力判定テストAban

Abanプロネイリスト実務判定テストについて

Abanプロネイリスト実務判定テスト特長

Abanプロネイリスト実務能力判定の特長

合否ではなくスコアで評価

Abanプロネイリスト実務判定テストは、合否ではなく0点から1000点までのスコアで評価されます。

このスコアは、常に評価基準を一定に保つために判定員教育が行われ、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれている点が大きな特長です。

これによりAbanテストで、それぞれの現在の実務能力を正確に把握したり、目標とするスコアを設定したりすることが可能になります。

サロンスタンダード

Abanプロネイリスト実務判定テストは、実際のサロン採用での技術確認の役割を担うことができます。また、継続的な技術教育・社内評価基準・昇進資格としても活用されています。

各サロン、地域等での独自の方法は排除され、ネイルサロン共通の基準として活用することができます。

実務総合評価

Abanプロネイリスト実務判定テストでは、過去の経験や教育内容は関係なく、実際のサロンサービスにおいて、どれだけお客様が満足できる施術を提供できるかということを測ります。また、基礎技能、完成品基準、所要時間を客観的に測定することにより、サロン実務能力を総合的に評価できるように設計されています。